えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】山はしってる:ウォルデン・リビー

 

 山はしってる:ウォルデン・リビー著のレビューです。

山はしっている

山はしっている

 

 

 

 

朝も昼も夜も、

一日中、まるで山の中かをずっと歩いていたような気持ちになったえほん。

 

バラ色の朝焼けにそまっている山ぎわの風景からはじまる話は、

時間を追うごとに空の色も変わり、いろんな動物たちが顔を出します。

 

本当にたくさんの動物たちに出会った。

朝ごはんをたべている動物、あたたかな日ざしを浴びている動物、

えものをもとめてうろついている動物、ダムをつくっているビーバー。

 

わたしたち読者は、一歩一歩、変わりゆく風景を楽しみながらページをめくります。

 

やがてめくった先はダークな色彩へ。

夜のとばりがおりる時刻です。

 

山の夜は眠りません。

夜が得意な動物たちが、月明かりのもとで活動し始めます。

暗いなかで動き回る動物たちから、みなぎる生命力を感じさせられます。

 

山に生きるものは、山にみまもられています。

どっしりと、ちからづよく。

 

*******

 

とにかく風景のグラデーションがとても美しい一冊です。

この山で暮らす動物の親子たち、のびのびとしてなんて幸せそうなんだろう。

読み終わるころには、すっかり山の中を散策した気分になりました。

 

巻末、パッチワークみたいに登場した動物たちが名前ととともに掲載されています。

48種類もの動物たちが居たんだ!!!