えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】怪談えほん おめん:夢枕獏

 

怪談えほん おめん:夢枕獏著のレビューです。

 

 今年も読みます「怪談絵本」シリーズ!14本目なんですね。

「おめん」というタイトルからして何やら怪しいムード。

さて、どんな「こわい」が待っているのでしょうか?

 

いやなやつ、いるよね。

 

 

いじめっこや

なんでもできるきれいなあのこや.....

 

そりゃ、いろんないやなやつ、いますよ。

そんな相手に、あなたはどんな言葉を投げかける?

 

ころんでしまえ。

ふこうになればいい。

 

怖いよね。こういう「のろい」のよう言葉や思い。

 

この話は、そんなことを考えるときに「こわいおめん」が現れるのです。

これをかぶると、のろうことが出来ちゃうという。

 

このおめんを手に入れた女の子、もう怖いものがありません。

あの子もこの子もとのろっているうちにやがて......。

 

+++++++++++

 

んもぅ!

最後のページまで怖かった!

人をのろう醜い気持ちが、きっとこうなったんでしょう。

たしかに人のことを妬んだり悪く思っているときの顔って怖い。

 

さて、あなたの「おめん」はどんな顔?

そんなことを問いかけられている気がして......(寒)

こどもよりおとなの方がある意味響くこわい本だと思いました。