えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】おねぼうさんはだあれ?:片山令子

 

おねぼうさんはだあれ:片山令子著のレビューです。

 

 

おねぼうさんはだあれ?

おねぼうさんはだあれ?

  • 作者:片山令子
  • 発売日: 2021/02/18
  • メディア: 単行本
 

 

人間の朝寝坊は日常茶飯事。

では、動物に寝坊ってあるのかな?

 

???......と、頭のなかに疑問符が並ぶ。

やっぱりないよね、動物には。時計も関係なさそうだしね。

 

日が昇れば、起きる。

日が沈めば、寝る。

 

でもさ、「今日はだるいから、もすこし寝ちゃおう」なんて気分の日はないのかな。

そんな素朴な疑問が沸き上がってきた。

 

本のなかを覗いてみれば、いる、いる。おねぼうさんたちが!

そう、彼らは冬ごもり中だったのです。春になっても寝ている動物たち。

そうか、これぞ、動物たちの寝坊ということか。

 

うさぎのミミナちゃんは、そんなお友だちを起こしに行くのです。

 

「おきて、おきて、もう はるよ。」ってね。

 

そして、枕元にあるものを置いて行くのです。かわゆい!

さーて、みんな起きて来るかな?

冬眠から春眠へ??

 

そして、そして、みんなを起こしに行ったミミナちゃん。

最後は、本当に笑かしてくれます。

 

春の空気が存分に伝わって来るえほんでした♪

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

@kurara.bookがシェアした投稿