えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】てぶくろ: エウゲーニー・M・ラチョフ

 

 てぶくろ: エウゲーニー・M・ラチョフ著のレビューです。

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ)

  • 発売日: 1965/11/01
  • メディア: 大型本
 

 ・

 

冬になると、たまに見かけるてぶくろの落とし物。

だれかのだいじなてぶくろが、寂しそうに道端にあると、

なんとなく心がざわつきます。

 

でも、どうぶつたちの間ではちょっと違うみたい。

誰もが落ちているてぶくろに興味を示し、

そこに入って暮らそうとするんだから、笑ってしまいます。

 

おじいさんが片方落として行ったてぶくろ。

最初にねずみが見つけて住みはじめます。

それからというもの、様々な動物たちがこのてぶくろの家に興味を持ち、

中に入れて欲しいとせがむのです。

 

小さい動物ばかりでなく、やがて、大きな動物までも入りたがります。

もう、てぶくろ、パンパンです(笑)

 

小さいスペースに暮らす動物たち。暖かそう。

人間だと、かまくらみたいなものかな。

あの狭い空間にみんなと一緒にいる感じの楽しさ。

そんな雰囲気がてぶくろにもあります。

 

だから動物たちは、このてぶくろに吸い込まれるように近寄ってくるのです。

読んでいるわたしもお邪魔したくなってしまいました。

 

さて、てぶくろの持ち主のおじいさん、

てぶくろをなくしてしまったことに気が付きました。

そして、探しに行きます。動物たちはどうなってしまうのでしょうか?

 

******

 

大人からこどもまで昔から大人気のウクライナの民話です。

単純なはなしだけれども、めちゃくちゃわくわくドキドキ。そして、ちょっと笑ってしまう感じが絶妙です。何気にどの動物もオシャレさん。ファッションも注目です!