えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】カルガモゆうらんせん:もとやすけいじ

 

 

 

湖などに遊覧船が浮かんでいると、気持ちがゆったりする。

急ぐこともなく、乗っている人々の表情もみんな笑っている。

そんなのどかな風景しか思い浮かばないほど、遊覧船の存在は穏やか。

 

色々な種類の遊覧船があると思いますが、どうやらカルガモの遊覧船があるらしい。

「カルガモつうしん」によると、ライフジャケットも完備したしっかりした船。

なによりカルガモべんとうのランチボックスはかわいいし、うきわドーナツもなんだか楽しいぞ!

 

さぁ、どんなところを遊覧するか、のぞいてみましょう。

乗り場はかめの形をした建物「かめのいけのりば」。

いろんな動物たちが出発前の時間を楽しんでいます。

 

そして、カルガモと言えば親子。

この遊覧船もお客さんを乗せる親ガモのあとを、子がもが連なって旅路を行きます。

川を下って行くと様々な風景にも出合います。

 

途中で雨が降ったりとハプニングもありますが、

遊覧船はずーと楽しい雰囲気に包まれています。

 

さぁ、あと一息で到着。

カルガモさん親子、ごくろうさま。

 

****

動物たちが楽しんでいる遊覧船の風景は、どこか私たちの世界と似た風景。

でも、建物なんかをよく見ると、本当に面白い形をしているのです。

「 ドーナツボックスホテル」なんて想像するだけでも楽しくなってしまう名前のホテルも。ちょっと行ってみたくなりますよねぇ。

 

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~