えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】ちいさなりすのエメラルド :そのだえり

 

ちいさなりすのエメラルド :そのだえり著のレビューです。

 

  

ちいさなりすのエメラルド

 

 

 

 やぁ~~、りすの出て来る物語はたいてい可愛い(笑)

絵本とりすは最強な組み合わせのような気がします。

 

私はりすとかうさぎが表紙を飾っているものは、漏れなく図書館で借りて来ます。

まるで、ハンターのように見つけたら、その本にまっしぐら!

 

さて、今回は「エメラルド」って名前のりすちゃんの話みたいです。

表紙のカラーも素敵です。そして、この子、すでに本を抱えていますねぇ。

 

物語はエメラルドが寝るシーンからはじまります。

どうやら寝る前にいつもうさぎのガーネットに本を読んでもらっているみたいです。

(なぜ、うさぎと同居?おかあさんは?・・・なんてツッコミたくなったけど、それは置いておこう)

 

本を読みはじめてすぐに、ガーネットは急な仕事で出かけなければならなくなりました。

 

ひとりになったエメラルド。なかなか眠れません。

そこで本の続きを読もうと思うのですが、どうやら文字がまだちゃんと読めないのです。そこで彼女は、近隣の家を渡り歩き、絵本の続きをいろんな知り合いに読んでもらうのですが・・・・。

 

くふふ、と思わず笑ってしまったのは、三匹のこぶたちゃんの家に行った時のシーン。

エメラルの行動が、本当に可愛らしい。

 

********

本の続きが知りたくて、ついつい読み耽ってしまう夜。エメラルドの気持ち、読書好きならきっと解るはず。けど、小さなエメラルドが暗い夜道を歩いてることに、ハラハラしちゃいました。幸いエメラルドの住んでいるところは、みんな優しい動物たちばかりで良かった。

 

そうそう、エメラルドの読んでいた本の内容は、わたしたちも先を知りたくなる内容なんです。ラストがわからないまま、エメラルドの話は終わってしまうので、「えーー」ってなったのですが、心配は無用。ちゃんと表紙の裏に全編が載っていました。この話もハッピーエンドでとても良かったです。

 

あら?もしかして、私自身がエメラルドになっていたのかも?と、最後に気づかされたりして・・・(笑)

 

エメラルドはシリーズ化してゆくのかしら?すでに「さがしもの」が出ているようです。また読まなきゃ!

 

エメラルドのさがしもの

エメラルドのさがしもの

  • 作者:そのだえり
  • 出版社/メーカー: 文溪堂
  • 発売日: 2018/04/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~