えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】ごみじゃない!:minchi

 

 

 

ごみじゃない! (PHPわたしのえほん)

ごみじゃない! (PHPわたしのえほん)

  • 作者:minchi
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/07/20
  • メディア: 単行本
 

 

ごみ箱にポン!と捨てるそのごみ。

ちょっと待って!もしかしたら、それごみじゃないかも?

 

こどもの創作力は無限大。 使い終わった何かを再利用させる能力は大人以上のものがある。

 

むかし、こどもだった頃の自分もいろんなものを作ったり、活用させたりしていたなぁと、このえほんを読みながら「ムフフ」な気分になったのです。

 

例えばね、わかりやすいところで言えばスーパーのレジ袋。

風船くらいは誰もがやったかな。ここではそれに加えて、「水着」や「おんぶひも」などに変身ささてしまう。

 

穴の開いたくつしたは「ぬいぐるみの洋服」 ←これは自分もやった。

テイッシュの箱とトイレットペーパーを合体させた「掃除機」。

メロンのネットで「ニット帽」。

 

と、言った感じで続々と女の子の創作活動は続きます。 その様子がとても楽しそう。その数80!! この中からどの作品が一番かを考えるみたいですよ。

 

わたしはポッキーと思われる空き箱と紐で作る「ポシェット」かな。 とってもエコだし、ちょっと可愛い。

 

リサイクルが叫ばれている昨今。 まだまだ使えるよ?と、物たちが騒いでいる。 ごみ箱に入れる前に、「これ何かに使えるかな?」なんて立ち止まることを教えてくれる一冊。そして、こどもの創作意欲も掻き立ててくれる一冊でもありました。