えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】もりへぞろぞろ:村田喜代子

 

 

大好きな作家・村田喜代子さんの本。でも絵本?村田さんって絵本も書くの?と、表紙の名前を二度見してしまったほど意外と言えば意外に思えた。

 

でも、よーく考えてみると、村田作品ってどこか滑稽であったり、ユーモアがあったり、動物が擬人化されていたり....など結構あるので、絵本になってもきっとその感じが面白いかも?いや、むしろ合ってるかも?と、いろんな思いが頭の中を巡りました。

 

「もりへぞろぞろ」 さぁ、ぞろぞろ、わたしも森のなかへ入ってみます。

 

 

 

さっそく、動物たちが話をしています。

なんでも山のずっとずっと奥の方に、病気の治る森があると言うのです。

そこは昼でも暗く、怖いものたちがいっぱいいるという噂があります。

 

でも、病気が治るなら・・・悩ましいですよね。

そこで森の動物たちは病人をいっぱいあつめて、みんなで森へ向かうのです。

そう、みんなで渡れば怖くない的な(笑)

 

元気な動物が担架で病人を運びます。その様子が面白んですよ~。

ヘビが乗った担架は長ーいもの。亀なんてさかさに吊るされて運ばれていたり。

 

最初はページにも余白があったのけど、徐々に動物の数が増えて行く。

どんどん周りは薄暗くなっていく。

 

ぞろぞろ ぞろぞろ ぞろぞろ

 

ページいっぱいに動物たちが!

 

そしていよいよ・・・・

 

**********

 

絵は近藤薫美子さん。不気味な雰囲気とひょうきんな動物たちの表情。怖いんだか、可笑しいんだか・・・。でもね、最終的にはなんだか多幸感的ものが押し寄せるのです。

 

生きる喜びだったり、自然の恵みのありがたさが感じられる絵本。

そして、読み終わと、「あれ?わたしどこに居たんだろう?」と。

今さっき見た風景は森?それとも? 

 

小説にしてもえほんにしても、やはり村田さんの描く世界はどこまでも不思議。

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~