えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん:マイケル・ボンド

人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん (児童書)

     

 

見て!この表紙のにぎやかさ!

よく見ると、お洒落なネズミたちがなにやら忙しそうに動いています。

本の中で一体なにが起きているのでしょうか?早速、覗いてみましょう。

 

まずは広い広いお庭に行列しているたくさんの人々が見えます。

このおやしきを見物しに訪れた人たちの長い列のようです。

 

そう、ここは伯爵の大きなおやしき。ここには伯爵夫婦が住んでいます。

そして、そのなかにある人形の家には、ネズミのベックさん夫婦と13匹の子ねずみ、計15匹が楽しく暮らしています。

 

 

 

ある日、伯爵夫婦は旅行に出ることになりました。

留守を預かる秘書のルーシー・ブライズは、早速なにやら悪だくみを考えています。

 

ルーシーの悪だくみにネズミたちは邪魔をして抵抗をします。

なんだか物々しい雰囲気になりそうな展開ですが、なんのなんの、ページを開くたびに愉快な気分になります。

 

それもこれも絵がとにかく素敵。ドールハウスの美しさはもちろん、ネズミのファションを含め、色彩豊かなおやしきの風景はずっと見ていられる魅力があります。

 

さぁ、元気にあばれるネズミたちに巻き込まれてみてください。

なにかスカッとするものが!?

 

 

                   ********

 

後でしたったのですが、著者は「くまのパディントン」のシリーズで知られる、マイケル・ボンドです。絵は人気の画家、エミリー・サットン。細部まで描き込まれた緻密な画風が人気だそうです。

 

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~