えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】はなのすきなうし:マンロー・リーフ

     

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

 

人に流されずに生きるってなんだろう?

マイペースな人ってどんな場面のときその性質を発揮するのだろう。

 

人に流されないマイペースって聞こえは良いけど、時に周りを顧みないだけに、自分勝手であったり、迷惑だったりすこともある。「自分は自分」「人は人」って言い聞かせてみるものの、なかなかそうはいかないこともある。こんなことを考えることが人生にはたびたびある。

 

主人公のふぇるじなんどはこうしです。小さい頃から他のこうしのように飛んだり、跳ねたりすることなく、いつもひとり静かにこかげに座って、花の匂いをかいで過ごすのが大好きなこうしなのです。

 

お母さんはそんな我が子が心配で声をかけますが、ふぇるじなんどは「こうすることが好きだ」と言うので、お母さんもそのままにしておくことにしたのです。

 

やがて大きくなり、ふぇるじなんどは、ある出来事をきっかけに、闘牛に出場することになるのですが・・・。

 

誰もが強いうしになって戦いに挑むことを望むなか、ふぇるじなんどは自分の世界を守ります。それはもうなんだか泣き笑いしたくなるほど滑稽なのですが、自分のしあわせが何であるか知っている賢さと、それを守る強さをふぇるじなんどからは感じ取れます。

 

大人になってサイズ違いのことをしているな。無理しているなって思った時に、この絵本を読むと荷が下せるような、ちょっとだけ楽な気持ちになります。

                                  

お茶目顔のふぇるじなんど君。お花に囲まれてしあわせそう。このにぎやかな装丁をこどもの時に見た方も多いはず!

 

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~

 

姉妹サイト 

www.readingkbird.com