えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

書評の棚 / 絵本の棚 /えとせとら棚 / せいかつの手帖 / お問い合わせ

 

 

【絵本レビュー】王さまのお菓子:石井睦美(文)

王さまのお菓子:石井睦美(文)・くらはしれい(絵)著のレビューです。

 

おはなしの内容

王さまのお菓子

王さまのお菓子

 

小指の先くらいの小さな陶器でできたお人形のミリー。

彼女はこれからパティシエのブラウンさんが作る、

アーモンドクリームがたっぷり詰まったパイの中に入ります。

 

え?どういうこと?ってわたしたち日本人は思いますが、これは「ガレット・デ・ロワ」と言って、フランスの伝統的なお菓子。もともとはキリストをお祝いするという意味があったのだそう。

 

今は1月に食べるようになり、「ガレット・デ・ロワ」がケーキ屋さんにたくさん並ぶって言うから、きっと賑やかなんだろうね。

 

このパイにはミリーのように小さな陶器「フェーヴ」という置物が入っている。みんなで食べるために切り分けるとき、フェーヴに当たった人は、王様、女王様になり、1年間の幸福が約束されと言う。ドキドキの瞬間ですね。

 

ということで、ミリーは誰かの幸せを運びために、ケーキの中に入りました。

どうかミリーの力が必要な人のもとに行けますように。

さぁ、物語のはじまりです。

王さまのお菓子

りすさんからのひとこと

日本にもフェーヴがたくさん並んだケーキ屋さんを知っているわ。てっきりミニチュアを集めて置いてあるのかと思っていたけど、この絵本を読んで、そういう役目があるものだったのかあ~と感動しちゃっいました。ミリーちゃん、とっても小さいけど大きなお役目があるんだね。ケーキの中で外の声を聞いたりしながら、やがて誰かのものとへ。とても素敵なお話だったなあ。みんなもお楽しみにね。ふぅ、おやつが食べたくなっちゃったな。。。

合わせておすすめ

www.readingkbird.com

小さいつながりで、こちらはちっさいうさぎさんの話。

お嫁さんをみつけに旅に出るんだよ。