えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【話題の絵本】今年ぜったい読みたい絵本 2023

 

なにげに新聞の広告欄を見ていたら、読みたくなる新しい絵本が続々と出版されているじゃありませんか。嬉しい反面、めちゃくちゃ焦っています(笑)ここではそんな魅力的な新しい絵本を読み逃すまい!と言うことで、記録しておこうと思います。ナビゲーターは、りすさんとわたし、おとぼけコンビでお届けします。皆さまの参考にもなりますように☆彡

 

 

 

 

ねこはるすばん:町田尚子

あ、このねこさん、いろんなところでよく見るなぁ!人気の絵本だよね。

そうそう、この感じ、どっかで見た覚えない?ほら、「ネコヅメのよる」の作家さんが書いたものなのよ。ちょっと怖かったけど、ネコたちの行動が面白かったよね。この絵本のネコたちも、なにをするのか見ものだね。

ねこのラーメンやさん:KORIRI

 

またねこさんだ(笑)ラーメンを食べているのかと思ったら作ってるのね?

うーん、そうみたいね。マオさんっていうねこで、蝶ネクタイがトレードマークなんだって。でもねぇ...マオさんが作ったラーメン、誰も食べようとしないんですって。どうしてかな~。

おすしがふくをかいにきた:田中達也

今度はおすし~?相変わらず食いしん坊さんらしいセレクトだね。

あはは。ばれた?この絵本ね、「みたて絵本」って言うらしいの。写真絵本なんだって。でね、おすしやアイスが架空の街でお買い物を楽しむんだってよ。面白そう!!

 

 

 

ジャングルジム:岩瀬成子

ジャングルジム

ジャングルジム

Amazon

 

なんか懐かしいね、ジャングルジム。このレトロ感ある絵、おねえさんの好きな網中いづるさんなんだね。

うんうん、いいよね~この雰囲気。短編集なんだって。小学中級ぐらいからってことだから、小さいおともだちは大きくなってからかな。年上の子と「どっちが強いか決める」ってお話らしいんだけど、大丈夫かな。

 

ものわすれ川の大なまず:関沢紀

ひゃーーこれどうしたの?何が起こっているの?

「自然への畏怖」とか「恩返し」の思いなんかを描いた伝承絵本なんだって。たくさんためになることを教えてもらえそうだよ。ことわざの話もたくさん出てくるみたいね。

 

橋の上で:湯本香樹実

橋の上で

橋の上で

Amazon

 

あ、この絵は酒井駒子さんだね。作者の湯本さんと酒井さんは「くまとやまねこ」から14年目のコンビ復活らしいね。

そうみたいね。この絵本もすごく話題になっているみたい。NHKの「あさイチ」でも紹介されたそうよ。「いのちの物語」なんですって。

                                     

                       

 

ほんと、面白そうな絵本がいっぱいだね。どれから読もうかな~。

そうなのよ。すぐにでも読みたいものばかりなんだけど、他の本もたまってるし(>_<)まだまだ今年もいっぱい出て来ると思うから、そしたらまた紹介するね。あれ?りすさん??どこ行っちゃった?さては、本屋さんに.....。