えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】おろしてください:有栖川有栖

 

怪談えほん(12)おろしてください:有栖川有栖著のレビューです。

怪談えほん (12) おろしてください

怪談えほん (12) おろしてください

 

 

地下鉄に乗っていると、「もし、今ここに閉じ込められたら?」ということをいつも考えてしまう。閉所恐怖症気味であるわたしは、あのような空間が苦手。外が見えてればまだいいのだけどね。窓に映る真っ暗な景色が、なんとも不安にさせられるんですよねぇ。

 

さて、怪談えほん、今年も順調に現れました。絵本の新刊のなかでも、ひときわ目を引く表紙とタイトル。読む前からわくわくが止まりません!

 

 裏山を探検していたぼく。

道に迷ったぼくは、途中である駅を見つけます。

やがて、駅には列車がやって来ます。

ぼくはその電車に乗ったのですが・・・・。

 

このあと、列車のなかで起きた出来事が描かれています。

とにかくここからは、ページをめくっても、めくっても、物凄く不気味で怖い世界に身を置かなければならなくなります。

 

なんといってもこの迫力ある不気味な生きものは、なに?

まさに悪夢としか言いようがありません。

 

列車というおりたくても、おりられない。逃げたくてもどこへも行けないといった空間を、本当にうまく使ったえほんです。

 

主人公のおとこの子、どんなに怖い思いをしているか、心臓の音が聞こえてきそうなほど、おびえている様子が伝わって来ます。

 

怪談えほんシリーズ、ラストに来て救われるとは限らない。

まったくもって容赦なし。侮れません。

 

さて、「おろしてください」という、少年の願いは叶うのでしょうか?

それは読んでのお楽しみ。

 

 

 

有栖川有栖 作/市川友章 絵/東 雅夫 編