えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】ねえさんといもうと :シャーロット・ゾロトウ

 

 ねえさんといもうと :シャーロット・ゾロトウ著のレビューです。

ねえさんといもうと

ねえさんといもうと

 

 

 

 

親離れという時期が確かにあるということ、大人なら知っているけれど、姉離れ、兄離れというものもあるのだなぁ......と、ちょっと新鮮な気持ちで読んだ。と言うのも、わたしは一人っ子なので、こういう経験がなく、ただただお姉さんやお兄さんがいる人が羨ましかった。

 

このえほんは姉妹のはなし。いもうとにとっておねえさんは、いわば小さなお母さんのような存在です。学校へ行くときも、遊ぶときも、泣いてしまったときも、いつもおねえさんが世話してくれています。そして、「そうじゃないわ」「こうよ」と教えてくれ、いもうとはその通りします。

 

しかしいもうとは......

なんだか ひとりになりたい とおもいました

 

あれこれ言われることに、あきあきしてしまったのです。

そして、いもうとは一人で家を飛び出して、くさはらの中に入って行きました。

 

当然、おねえさんは心配していもうとを探しに行きますが、なかなか見つかりません。

必死に探すおねえさん。そして・・・・。

 

おねえさんだって、言ってみればまだ子供。

いもうとを守ろうと必死でいたけれど、泣きたくなるときだってあるんだよね。

 

いつもは頼りになるおねえさんにも泣くことはあります。

いもうとはそんなおねえさんの弱さに気づきます。

そろそろ姉離れする時期がやって来たのでしょう。

 

小さなふたりの世界から、やっぱり姉妹っていいなぁーって感じました。

おねえさんのいる方は、こんな気持ちだった日々がきっとあったのではないかな。

 

絵と訳は酒井駒子さんです。淡い色彩が美しい。特に、自然のなかに居る子供の姿がのびのびとして気持ちよさそうです。

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~