えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】ぼくのたび:みやこしあきこ

ぼくのたび

 

 

旅ってある場所からある場所へ移動すること。誰もがそういうものだと思っている。

でも、このえほんを読んでいると旅はひとところに居てもできるものなのかも?って思わされました。

 

「ぼくのたび」、すてきな話です。

ちいさいホテルのオーナーが主人公。

毎日、旅人をもてなす仕事をしている彼は、なかなか旅にでることは難しい。

 

そんな彼はホテルの仕事を終えて、ベッドに入ると、遠くへ行きたい気持ちがこみあげてくるのです。

 

さぁ、この時間は彼だけの旅の時間。

したいこと、会いたい人、思いのままに飛び回ります。

 

 

 

 

しかし、また朝が来てホテルの一日がはじまります。

 

彼のホテルに来たたくさんのお客さんからの手紙を読み、

いつか本当の旅に出ることを考えながら過ごすのです。

 

この町を出たことのない「ぼく」が思いを馳せる旅。

いろんな国のいろんな人々から聞いたり届いたりする手紙が、どんなに彼の時間を豊かにしているのかが窺えます。ホテルに居ながらもすでに旅をしているような毎日がとても良い。

 

そして、いつかかならず、彼はおおきなかばんを持ってわたしたちの町にやって来るにちがいない。今度はわたしたちが彼をおもてなししたいなぁ。なんてことも思わされました。

 

******

 

みやこしさんのえほん、いいですねぇ。

このえほんも、「よるのかえりみち」の雰囲気が漂っていました。

もしかしたら、同じ町かしら?

 

www.readingkbird.com

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~

 

 

 

姉妹サイト

www.readingkbird.com