えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】北極サーカス:庄野ナホコ

北極サーカス (講談社の創作絵本)

 

 

 

なんてこころが躍る言葉なのでしょう。

 

サーカスがやってくる!

 

どんな風景を思い浮かべますか?

クマの玉乗り?空中ブランコ?おどけた表情のピエロさん?

 

このおはなしは、サーカスと言ってもさむい季節にやって来るサーカスなんですって。

まっ白いサーカス。お知らせのチラシはかもめが運んで来ます。

 

そして、サーカスは、なんとクジラに引かれてやってくるのです。

すいへいせんのむこうから現れるサーカスはちょっと感動ものですよ。

 

白い氷の上に張られたテント。

真っ青な空。

どうぶつ、にんげん、お客さんもいろいろです。

 

テントなかではどんな世界が繰り広げられているのでしょう。

さぁ、夢のようなサーカスの開演です。

 

 

素敵。

うっとりするような光景が目の前に広がりました。

 

サーカスはその場所に留まらないから余計に幻想的な感じがします。

北極サーカスも時間になると帰っていきます。

 

ちょっとさみしいけれど、来年もきっと来てくれるでしょう。

 

 

北極サーカス (講談社の創作絵本)

北極サーカス (講談社の創作絵本)

 

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~

 

姉妹サイト 

www.readingkbird.com