えほんの本棚

おとな目線で読む絵本の世界をご紹介します

【レビュー】まどのそと:佐野史郎

 

おなじ窓でも、朝と夜ではちょっと違う。

朝なら平気な眺めでも、夜の眺めは、なにかの気配を感じたり、物音が聞こえたり。あの怖さは格別。 おとなになっても怖いまど、そしてそのそと。

 

知る人ぞ知る岩波書店の〈怪談えほん〉シリーズ。第三期に入りました。

 

毎回、魅力あるタイトル、そして大迫力の恐怖迫るイラストが印象的な絵本ばかり。まだまだ、読み切れていませんが、コンプリートしたいシリーズであります。

 

今回の注目は俳優・佐野史郎さんが手がけたということ。佐野史郎さんと絵本、なかなか結び付かないものがありますが、この意外性がシリーズの面白いところでもあるようです。

 

かた かた かた かた

 かた かた かた かた

 

おはなしは終始この音に包まれています。

カーテンの向こうで、一体なにが起きているのでしょう。

 

眠りたいのに眠れない少年。

 

まどのそとがますます気になります。

 

やがて少年はカーテンを開けてまどのそとを覗くとそこに・・・。

 

 眠りにつくまでのちょっと混沌とした時間。

現実でも夢でもない狭間の世界は、心地よい時もあれば、まるで異界に足を踏み入れたようなときもあるのではないか。少年はそんな狭間の世界を彷徨っているような感じがします。

 

このおはなしで怖いのは、まま、ぱぱ、いもうとの存在だ。

いるのか、いないのか?人なのか?なんなのか?

 

はっきり言って、怖いの源がまるっきり判らない。だから怖いのです。

ラストのページに見るそとの風景のもの哀しさ、なにか放り出されたような心細さが残ります。

 

何度か読みました。けれども何度読んでも掴めない怖さしかない。

そんな一冊でありました。

 

 イラストはずーっと薄暗く、畳の目までもが、なにか不気味な雰囲気を醸し出しています。   かた かた かた かた

 

 

 

 

怪談えほん (11) まどのそと (怪談えほん 11)

 

【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~

怪談えほん (11) まどのそと (怪談えほん 11)

怪談えほん (11) まどのそと (怪談えほん 11)

 

 姉妹サイト

www.readingkbird.com